スーパー糖質制限で45日で4.5キロ減量できました

こんにちは!TOSSIです。

糖質制限は数年前から自己流でやっていました。

朝はカレーライス、昼はほとんど食べない、夜は米などの主食は食べない。

でも夕方に和菓子まんじゅうなどを食べることもありました。

夜に主食を食べないので減量できると思いきや、なぜか体重はうなぎ登りに増えて行きました。

謎です。

そんなに食べてないのになぁ。。。

まあ年齢的な問題で代謝が落ちて、どうしようもないものかと諦めていました。

そんな時、2年ほど前に買った本を読む機会がありました。

(もっと早く読めば良かった。。)

その本はこれです。

●シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

(余談ですが、読むというよりキンドルをアンドロイドスマホで聞いています。グーグルのTalkBackというアプリを使うとスマホのユーザー補助機能で音声で読み上げてくれます。アップルのiOSにも読み上げ機能があります。)

本の内容では、まずは2週間続けて18時間断食を行います。

以前は、ほぼ毎朝ご飯大盛りのカレーライスを食べていたので、朝食を食べないで1日大丈夫かなと最初は少し不安でした。

現在、朝はホットコーヒーにニュージーランド産の良質なグラスフェッドバター大さじ2杯とMCTオイルを大さじ1杯入れて飲んでいます。

結論から言いますと、朝食を食べなくても大丈夫でした。それほどお腹も空きません。

ちょっとお腹が空いたら夕方までの間に黒糖飴を2個食べています。

夕方にはゆで卵1〜2個とマカダミアナッツとウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコを1本を食べながらアイスコーヒーを1〜2杯飲んでます。

夜はグラスフェッドバターで炒めた大量の野菜と肉か魚を食べます。

それと納豆とヨーグルトを食べています。

おおよそこんな感じです。

脂肪中心の食事を心がけ、タンパク質も摂取することを意識しています。糖質はできる限り避けます。

肉のタレや唐揚げや天ぷらのころもには糖質がありますので、完全な糖質制限ではありませんが、こんな感じで良いそうです。

人間は生きるために必要な糖質は食事から摂らなくても脂肪やタンパクから糖を作る機能が備わっているそうです。これを糖新生と言います。

体重計で測定すると体脂肪が大きく減りました。

今日、体重測定しましたが先週と比べて体重は変わりませんが体脂肪が減っていました。

体重はそろそろ落ち着いてきたのかもしれません。ベストな体重かもしれませんね。

脂肪が減ったので体はとても軽いです。

スタミナも以前よりついた気がします。

毎朝自宅から駐車場まで500メートルくらい走って行くのですが、日に日に走りが楽になっています。

以前は最後の方でふくらはぎが張ってくるのですが、最近は最後まで余裕で走れます。

スーパー糖質制限を始めた当初は、2週間の18時間断食を予定していましたが、現在も18時間断食を続けています。

体が慣れたようですね。

最近は脂肪をエネルギー源とするケトンエンジンボディに変わりつつあることを実感しています。

人間の細胞は全て入れ替わるのに半年間はかかるそうですので、完全ケトンエンジンになるにはもう少し時間がかかるのかもしれません。(素人意見です)

今後もマイペースで実践して行きたいと思います。

最後に参考に読んだ本をご案内します。

●主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版: 糖質制限食のすすめ 江部康二ドクター

●ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか 宗田哲男ドクター

●炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】 植物vs.ヒトの全人類史 夏井 睦ドクター

関連記事:糖質制限とアスリート 優れたスポーツ選手ほど脂質代謝の能力が高い

※お断り
このサイトはあくまで参考情報で、効能効果を示唆していません。医師の診断と指導を最優先にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください