サッカーJリーグ 2019 J1 J2 J3チーム一覧 プレミアリーグの サッカー観戦とミニサッカーとスポーツツーリズム 2019/09/05

こんにちは!Tossiです!

Jリーグ 2019 J1 J2 J3チーム一覧です。

J1

北海道コンサドーレ札幌 J1 2019
ベガルタ仙台 J1 2019
鹿島アントラーズ J1 2019
浦和レッズ J1 2019
FC東京 J1 2019
川崎フロンターレ J1 2019
横浜F・マリノス J1 2019
湘南ベルマーレ J1 2019
松本山雅FC J1 2019
清水エスパルス J1 2019
ジュビロ磐田 J1 2019
名古屋グランパス J1 2019
ガンバ大阪 J1 2019
セレッソ大阪 J1 2019
ヴィッセル神戸 J1 2019
サンフレッチェ広島 J1 2019
サガン鳥栖 J1 2019
大分トリニータ J1 2019

J2

モンテディオ山形 J2 2019
水戸ホーリーホック J2 2019
栃木SC J2 2019
大宮アルディージャ J2 2019
ジェフユナイテッド千葉 J2 2019
柏レイソル J2 2019
東京ヴェルディ J2 2019
FC町田ゼルビア J2 2019
横浜FC J2 2019
ヴァンフォーレ甲府 J2 2019
アルビレックス新潟 J2 2019
ツエーゲン金沢 J2 2019
FC岐阜 J2 2019
京都サンガF.C. J2 2019
ファジアーノ岡山 J2 2019
レノファ山口FC J2 2019
徳島ヴォルティス J2 2019
愛媛FC J2 2019
アビスパ福岡 J2 2019
V・ファーレン長崎 J2 2019
鹿児島ユナイテッドFC J2 2019
FC琉球 J2 2019

J3

ヴァンラーレ八戸 J3 2019
いわてグルージャ盛岡 J3 2019
ブラウブリッツ秋田 J3 2019
福島ユナイテッドFC J3 2019
ザスパクサツ群馬 J3 2019
Y.S.C.C.横浜 J3 2019
SC相模原 J3 2019
AC長野パルセイロ J3 2019
カターレ富山 J3 2019
藤枝MYFC J3 2019
アスルクラロ沼津 J3 2019
ガイナーレ鳥取 J3 2019
カマタマーレ讃岐 J3 2019
ギラヴァンツ北九州 J3 2019
ロアッソ熊本 J3 2019
FC東京U−23 J3 2019
ガンバ大阪U−23 J3 2019
セレッソ大阪U−23 J3 2019

【サマリー】Jリーグ

日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英語: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。

主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。

制度上J3リーグは日本サッカーのリーグ構成上、アマチュア最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)と同格と位置付けられており、J1・J2とJ3とではリーグエンブレムや参加要件等様々な点で差別化されている。

2019年シーズン開始時点で、日本国内の38都道府県に本拠地を置く55クラブ(J1:18、J2:22、J3:15)が参入、また、JFLなどのカテゴリーに属するJリーグ百年構想クラブが7クラブ認定されている。

リーグ構成については日本サッカーのリーグ構成 (1種)を参照。

2013年シーズンよりJリーグクラブライセンス制度が発足し、Jリーグへの加盟可否・加盟可能なディビジョンについての判断を行う制度が更新された。

日本におけるサッカー競技は、アマチュア主体の全国リーグである日本サッカーリーグ(JSL)が1965年に創設され、1968年の日本代表のメキシコ五輪銅メダル獲得もあり、一時的に人気を得たが、その後の日本代表の成績不振もあり、長らく観客動員は低迷した。

JSLや日本サッカー協会(JFA)ではその様な状況を打破しようと、1982年からリーグ主導の試合開催から、各チームが試合を主催する「自主運営」に移行したり、1984年には釜本邦茂の後ろ向きヌードポスター『格闘技宣言。

日本サッカーのプロ化としては、1968年に日本代表がメキシコ五輪で銅メダルを獲得した後、当時の日本蹴球協会(日本サッカー協会)会長・野津謙が将来の”プロ化導入”を目指して読売新聞社社主の正力松太郎にプロサッカーチームの創設を依頼したり、1977年にドイツブンデスリーガで、日本人初のプロサッカー選手となった奥寺康彦が、1986年に帰国し古河電工に復帰する際、森健兒が導入したスペシャル・ライセンス・プレーヤー制度により奥寺、木村和司を始め、翌年からはJSLの多くの選手がプロになっていた。

また1986 FIFAワールドカップ・アジア予選で、ワールドカップ出場まであと一歩まで迫りながら、韓国代表に敗れ出場を逃した日本代表の森孝慈日本代表監督が、「(プロ化を先んじていた)韓国に追いつくには日本にもプロを作るしかない」と訴え、長沼健サッカー協会専務理事に自身のプロコーチとしての契約を要求したが拒否され辞任したことがあった。

1980年代後半は、プロとアマチュアの選手が混在し、サッカー協会はプロ選手を認めているのにも関わらず、リーグはアマチュア、日本代表の試合もアマチュア基準に合わせるという歪な状態が続いた。

サッカー協会内部では”JSLの活性化”では意見が一致し、長沼健や岡野俊一郎ら幹部の中には本音ではリーグをプロ化したいと考える者もいたが、ペレのいた北米リーグが失敗した例もあり、まだまだ”リーグのプロ化”に対しては親会社から出向してきた当時の1部リーグに所属する実業団チーム出身の役員達を中心に「プロ化は時期尚早」や「プロ野球の球団ですら赤字経営なのに、サッカーではまともに採算が取れる訳がない」などの意見が「JSL評議委員会で大勢を占めた。

川淵は「活性化委員会」の議論をJSLではなく、日本サッカー協会(JFA)に移さなければ何も始まらないと判断し、翌1989年 6月に「JSL第二次活性化委員会」を解散させ、日本サッカー協会の副会長になっていた長沼健に要請し、JFA内に「プロリーグ検討委員会」が設置された。

保守的な日本サッカー協会理事会の承認を得るために「検討」という文字が付いていたが、実際には関係者の間では、既にプロリーグの発足は既定の方針として固まっていた。

プロリーグ構想は具現化され、1991年7月1日、新プロリーグの正式名称を「日本プロサッカーリーグ」とし、愛称を「Jリーグ」とすることを発表、日本初のプロサッカーリーグの「日本プロサッカーリーグ」(Jリーグ)が発足した。

1986年6月のメキシコワールドカップ開催中の会見で、FIFAの第7代会長・ジョアン・アヴェランジェから、1998年か2002年をアジアでのFIFAワールドカップ最初の開催地として日本が念頭にあるような示唆を得て、1989年11月、正式にFIFAに2002 FIFAワールドカップ日本開催の意思を伝える。

日本がワールドカップを開催するにふさわしい国であることを証明するためにも、FIFAの要求を満たすスタジアムの建設などの他、日本代表のワールドカップ初出場を念頭に置いた強化とそれに伴うプロリーグ創設、成功が不可欠となった。

しかし、森健兒と木之本興三は、不毛状態が続いた日本サッカーリーグ時代から長きに渡りプロ化を考え、その運営に携わっていて、川淵は日本サッカーに絶望し、一時サッカー界から離れていた時期があり、後から入って来た川淵に手柄を取られたようで面白くなかった。

川淵は最初にプロリーグの話を聞いたときも「バカじゃないか」と思ったと話しており、森の後任でJSL総務主事に抜擢された際も、木之本から「プロ化する気持ちがないなら来ないで」と言われたほどで、木之本は「川淵さんのJSL総務主事就任前にプロ化の道筋はすでに出来上がっていた」、森は「プロ化の道筋をつけてから川淵さんにバトンタッチした」と述べている。

2008年以降、日本代表の試合のある日は原則として、JリーグカップおよびJ2の試合は組まれない(この間、J1は日本代表に選出されている選手の強化期間としているため、リーグ戦の試合自体が組まれない)。

試合日程については、概ね1月中旬に、各クラブのホームゲーム開幕節の試合日程・対戦組み合わせ・試合会場のみを先行で発表し、1月末もしくは2月上旬に残り全試合の詳細な試合日程・組み合わせ・試合会場、並びに前半戦(概ね8月下旬まで J1リーグが2シーズン制となる年は、第1ステージの17試合分のみ)の試合開始時間を、6月下旬または7月初めに後半戦(概ね9月以後 J1リーグの2シーズン制となる年の第2ステージ17試合についても同様であるが、第2ステージの開始時期によっては前倒しとなる場合あり)の試合開始時間について発表される。

その他、同一都道府県・市区町村を本拠地とするクラブが複数ある場合は、極力同じ節にホームゲームを開催しないように日程を調整している(2011年の場合はJ1のさいたま市、神奈川県、静岡県、大阪府、J2の東京都、神奈川県が該当)。

なお、リーグ戦で使用されるJリーグフラッグは2種類あり、通常の試合会場では主に無地のフラッグが使われている。

アカデミーはJFAに世代別のチームとして登録され(日本サッカー協会チーム登録種別を参照)、Jリーグの主催する各大会やJFA主催大会などに出場する。

(出典:ウィキペディア)

【キーワードサマリー】Jリーグ

日本代表
リーグ戦
プロリーグ
プロ化
試合会場
日本サッカー協会
日本サッカー
日本プロサッカーリーグ
理事会
テレホンカード
カルビー
キャップ
SFC
テレカ
パズル
チップス
ワッペン
カード
ピンバッチ
1993
GGプロストライカー’94
ステッカー
ニッセイ
バッグ
ローソン

Jリーグ公式サイトなどの詳細はこちら!

私からは以上です。

medico

こんにちは!メヒ子です!

愛知へ移住・子育てしませんか?

愛知県は教育に熱心です。

そしてスポーツも盛んです。

大企業も数多くあります。

今は景気が日本でいちばん良いみたいですね。

愛知、名古屋のイメージは地味だと言われています。
でも住んでみると非常に住みやすいです。

観光客が多くないので住みやすいのかもしれません、笑。

長久手市は全国でも人気の子育てタウンです。

豊田市はご存知トヨタ自動車があり、裕福です。

刈谷市など三河地方はトヨタ系の工場が数多くある「ものづくり」タウンが多いです。

名古屋市は都会ですが、少しドライブすれば山々の自然が豊富で、さらに足を伸ばせば
岐阜の大自然、三重の大自然、長野の大自然も楽しめます。

そして愛知にはオススメの県立高校があります。

●イギリスの名門イートン校をモデルとして設立された文武両道・質実剛健がモットー
●現代サッカーのルーツ、あの名門イートン校の姉妹校
●サッカー部は全国大会多数出場の名門伝統校
●偏差値70超えの全国有数、愛知屈指の進学校

私は愛知での子育てを全国の皆さんに紹介したいと思っています。

教育など子育ての環境も抜群、都会も田舎もある住みやすさ。
リニアが開通したら東京まで40分。東京、大阪は、もはや通勤圏。

愛知は基本的に0メートル地帯もあり標高が低いです。
移住するなら標高30メール以上、できれば50メール以上が理想です。

そして最近は異常豪雨も多いため川の氾濫も注意する必要があります。
また土砂崩れも多く発生しますので、あまり近くに山がない平地が理想ですね。

そして土地の価格推移も気になりますね。

名古屋駅はリニアが来るので上昇しています。

土地価格の推移はこちらで調べられます。

また、あなたの土地・マンションの売却価格はAIでわかるそうです。

価格はオリンピックがピークでそれ以降は下がると言われているようです。

地盤の状態を簡単に調べられるアプリもあります。

愛知での子育て、移住に関するご質問があればお答えします!

もちろん無料です!こちらからお気軽にどうぞ!

おすすめのサービス

ジュニア フィジカル遺伝子(DNA)分析レポートサービス

教育・子育ての方法 【スポーツ編】

イギリスプレミアリーグのサッカー観戦にご興味ありますか?

いま、プレミアリーグのサッカー観戦と旅とミニサッカー、プレミアリーグのサッカー観戦とミニサッカーとスポーツツーリズムが人気です。

サッカーの応援でアウェイの地を訪れたら、その地の美味しいグルメを食べたり、人気の観光地を訪れたいですよね。

私は旅が大好きです。
今まで旅したところは、

札幌、小樽、登別、函館、知床、ニセコ、横浜、大津、伊勢、神戸、淡路島、鳴門、松山、今治、丸亀、大阪、堺、串本、南紀白浜、山形、福島、金沢、福井、富山、京都、奈良、境港、出雲、松江、福岡、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄、石垣島、宮古島、オアフ島、ハワイ島、、グアム、ソウル、上海、香港、シンガポール、台北、シドニー、ゴールドコースト、ベルギー、パリ、ニース、バルセロナ、マドリード、アマルフィ、ローマ、ナポリ、ミラノ、フィレンツェ、ツェルマット、ジュネーブ、フランクフルト、バイエルン、ウィーン、ロンドン、ウィンザー、リバプール、プラハ、ニューヨーク

などです。

そこでサッカーと旅が好きな方へアウェイの地での旅のオリジナルプランをご提案したいと思います。
旅の企画は提携の旅行会社がしっかりと行いますので、ご安心ください!

例えばこちらの「リヴァプール VS アーセナル プレミアリーグ観戦ツアー」のようなご提案をします。

旅行プランのご提案は無料ですのでお気軽にご利用くださいませ!

こちらからお気軽にどうぞ!

プレミアリーグのサッカー観戦と旅とミニサッカー、プレミアリーグのサッカー観戦とミニサッカーとスポーツツーリズムを楽しみましょう!

もし現地でサッカー観戦できない時はダゾーン(ヨーロッパ/海外サッカー・Jリーグ)スカパー(海外・国内サッカー)で熱く観戦しよう!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください